NEWS

【JEN】大規模コンサートの仕掛人が語る | コンサートにおけるクリエイティブ制作の重要性

FIREBUGは、エンターテインメント業界で働くビジネスパーソンを対象にしたエンタメビジネストレンドメディアJEN(JAPAN ENTERTAINMENT-BUSINESS NEWS)にて、JENオンラインコミュニティのボードメンバー、株式会社インターグルーヴプロダクションズ代表 大田高彰さんのインタビュー記事を掲載しました。

大規模フェスのプロデュースや日本アーティストの海外展開など豊富な経験を持つ大田さんに、コンサートビジネスの展望、コンサートにおけるクリエイティブ制作の重要性について伺います。

■プロフィール
大田高彰(おおた たかあき)
1982年4月21日生まれ。海外アーティストの来日コンサート、20万人規模の音楽フェスティバルの企画制作を行う会社にてプロダクションマネージャーとして実績を積み、これまでLady Gaga/Taylor Swiftなど洋楽を中心としたアーティストの来日公演や、Summer Sonicなどの音楽フェスティバルに従事し、同時に日本国内のアーティストの海外コンサートも手がける。
2014年に新たな形で会社を新設し、ULTRA JAPANなどの音楽フェスティバルのステージディレクションに携わりながら、主に国内のアーティストのコンサート企画制作に力を入れている。近年はSEKAI NO OWARI / PERFUME / 星野源 / ONE OK ROCK / Mrs. GREEN APPLE など約40アーティストの国内、海外でのコンサートを手がける会社の代表を務める。
https://intergroove.jp/

▼本記事はnoteにてご覧いただけます▼