NEWS

【JEN】元テレ東人気プロデューサーが語る | 支持されるコンテンツの絶対条件

FIREBUGは、エンターテインメント業界で働くビジネスパーソンを対象にしたエンタメビジネストレンドメディアJEN(JAPAN ENTERTAINMENT-BUSINESS NEWS)にて、テレビプロデューサー 佐久間宣行さんのインタビュー記事を掲載しました。

テレビ東京を退社し、フリーとなった今、その動向に大きな注目が集まっている。テレビ、ラジオとマルチに活躍する佐久間さんが考える、これからのコンテンツづくりに不可欠な要素について伺います。

■プロフィール
佐久間宣行(さくま のぶゆき)
1975年福島県生まれ。1999年テレビ東京入社。
「ゴッドタン」「あちこちオードリー〜春日の店あいてますよ?〜」「青春高校3年C組」といった人気バラエティ番組のほか、ドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」(以上、全てテレビ東京)などを手がける。
ニッポン放送でパーソナリティを務める「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」がこの4月で3年目に突入。初の番組本「普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる~佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)2019-2021~」が6月30日に発売される。
https://twitter.com/nobrock

▼本記事はnoteにてご覧いただけます▼